視聴者が、お年寄りになったということです

それでも青い日にを見ました、泣けましたね、よんひがとても健気です。あのようないい子は、いませんよね。ありえません。親が支えられあないということは、つらいことです。中には、お金持ちのお兄さんでイノのように立派な方もいるのですね。救われるという設定です。
何よりも、捨てた母親が憎いです。そのように視聴者を思わせるように構成していることはわかりますが、まんまと引っかかり、感情移入しまくりでした。時だも、レトロでいいのです。
日本でも、昭和の設定のドラまをすると、それでも青い日にの1970年代のような相当に古い、時代の感覚が受けるのではないでしょうか。ここまで、昭和が人気というのも、おかしいですよね。
クレヨンしんちゃんで、ひろしとみさえが昭和の世界に行ってしまったおいう映画わ押したのは10年以上も前のことです。ここに来て、実際、昭和を懐かしむテレビばかりなのが面白いというか、視聴者がお押しよりになったということです。https://www.jinghonghj.com/